沼名河之 底奈流玉


大日霊女御手纏



遠く神代から我が国の人々と共にある大神の御魂。
大巫女が魂振りにより美しき瓊音を奏でた大いなる神の手纏。

古式玉職人の誇りにかけ、神駆ける状態で攻め込みし手纏。
全身全霊で取組む玉作技能二十五年の結晶です。


左手纏はあまねく万物の「威」を受ける神の手纏。
その銘を「讃歌響明」
全てを大倭の神の石(意思)で拵え、
天、地、海、人、宇宙、万物の美しい「威」をいただき、
詠う讃歌はあまねく響きわたって明るく共鳴します。


皇紀二六七四年六月完成
大日霊女受威御手纏
讃歌響明







右手纏は受けし万物の「威」を発する神の手纏。
その銘を「歓喜光耀」
左手纏から生まれし賛歌の共鳴、をそこから生まれる歓喜の光は
すべてを耀かせ、自他、万物をさらに高揚させる。

現代に甦りし大巫女の力強き柔らかな「威」を発します。


皇紀二六七五年一月完成
大日霊女発威御手纏

歓喜光耀




頑固一徹、玉作工人が手塩にかけた玉達を順次掲載させていただきます。
玉作技能の粋を集めた手纏の「威」を感じていただければ幸甚に存じます。



玉作 工人  拝