工房作品 二〇二〇 



皇紀2680年、玉作 工人は継続して「技」の錬磨を地道に続け、
極小孔長手穿孔成功に続き、古の様々な石製宝器(威信財)再現にも挑戦いたします。

失われし古の「技」はまだまだ多く、一つでも多く再現して
次の世代にそのまま引き継いでゆくこと、これこそが古より続く
我が国ものづくりの流儀、そして魂なのです。

「玉は魂の依代であり、持たれる方の「威」を守護する器」

あくまで自然体で、石の意志に決して逆らわず、砥石との調和を通す。
それが「弥栄の風」を運べることを信じ、いにしえの「技」を追い続けます。

大神神社、奴奈川神社、貫前神社の御札に護られながら
手仕事のみで魂を入れ込まれた作品をどうぞご覧ください。


一、奴奈川高品質硬質蛇紋岩
琴柱形石製品

「矢田坐日霊女乃大神」
(やたにいますひるめのおおかみ)
[全長70.0ミリ、最大幅5.15ミリ、厚さ12ミリ]

奴奈川海岸転石の高品質蛇紋岩から琴柱形石製品を砥ぎ出しました。

非常に緻密な結晶組成が攻玉を阻み砥ぎ出しには非常に難儀しましたが、
砥ぎ出される石の角は鋭く立ち、まるで刃の様でした。

整形には様々な形状、粒度の砥石、鉄棒、砥の粉を段取りし、
失われてしまった整形技能再現に試行錯誤を繰り返しました。







 矢田坐日霊女乃大神」専用ページへ




二、奴奈川圧縮硬玉、流水紋青玉手纏
「大和宜波坐流布留比売命」

(やまとかはにいまするふるひめのみこと)
 [直径15.0ミリ~12.0ミリ玉 18珠組]

高志の海岸転石(奴奈川圧縮翡翠)より砥ぎ出しました手玉です。

奴奈川硬玉としては珍しい石で、硬玉、角閃石、緑閃石等が流水状に混じり合い
光源や光が当たる角度によって独特の表情を見せます。

同時に下賜されし小さな青石からも丸玉を砥ぎ出し、
「威」の増加と玉中の結界を統御しています。







 大和宜波坐流布留比売命」専用ページへ




 三、奴奈川硬玉縄文大珠
「加波孟雷」

(かはものいかずち)
 [全長51.5ミリ、厚さ17.3ミリ]


奴奈川清流の河床原石より縄文の「息吹」を砥ぎ出しました。

薄水色、黒色、緑色、白色、と硬玉としては珍しく
様々な色を併せ持っています。

穿孔は管錐と媒材を用いた舞錐摩滅穿孔で魂を込め、
肌は全て奴奈川〇〇川産の砥石にて、縄文時代と同じに攻め込み
放つ光も縄文時代と全く同じ肌、光彩を放ちます。

現代に甦った奴奈川縄文の「威」でございます。







加波孟雷」専用ページへ




ご興味のある方はお気軽に連絡ください。


E-mail 玉作工人